腟トリコモナス症

腟トリコモナス症とは、トリコモナス原虫の寄生が膣や膀胱内に入り込み炎症を引き起こす性病です。男性はあまり症状が出ませんが、女性では症状が強く生じます。腟感染症であるので、産婦人科ではトリコモナス腟炎だけでなく、子宮頸部癌、HIV感染や卵管炎などとの関連性、早産や前期破水などの妊娠に与える影響なども注目されています。

女性の場合は外陰、腟への強い刺激感、掻痒感(かゆいこと)や熱感がでて、悪臭を伴う腟分泌物が増加します。男性はほとんど症状はありません。出るとしたら、極めてわずかな尿道分泌物といった症状や、尿道のかゆみ、違和感、不快感といった症状が出ます。トリコモナスは感染すると前立腺や精嚢などに浸入し長く生き続け、時々尿道に出てきたら尿道炎の症状をあらわすと言われています。

女性はおもに膣炎症状を起こしますが、感染者の半分くらいは症状がほとんど無い感染といわれています。泡状の悪臭が強い帯下の増加と膣や外陰部の刺激痛や掻痒感です。腟トリコモナス症は肉眼で見分けることができない原虫が性器内に入り込み炎症をおこします。性行為による感染が主ですが、下着、タオル、便器、浴槽などでの感染の可能性もありますので、性行為の経験のない女性や幼児にも感染することがあります。

性交渉以外でも感染してしまうことがあります。だから、日常生活で注意したほうがいいと思います。