フラジール効果、服用方法と使用注意点について

fgフラジールとは
フラジールとは、原虫や各種細菌によってもたらされる感染症に用いられている抗菌薬です。最初、フラジールはトリコモナス原虫に感染して起こるトリコモナス症に対して開発された薬です。フラジールの有効成分はメトロニダゾールです。メトロニダゾールは原虫や細菌の働きを妨げたり、原虫や細菌の発育と増殖を抑制したりすることができます。今、多くの原虫と細菌感染症に悩んでいる人に愛用されています。

フラジールの効果
フラジールの効果について、フラジールはトリコモナスなどの原虫を殺す働きがあるために、トリコモナス症に効果が期待できます。他には、赤痢アメーバや鞭毛虫、毛包虫などの原虫感染症にも役立ちます。

また、フラジールの作用機序なら、フラジールはトリコモナスや赤痢アメーバなどの原虫の体内、また細菌内でニトロソ化合物に変化し、これがDNA合成を阻害することで、抗原虫と抗菌作用を実現します。それで、ピロリ菌で起こる胃炎や胃潰瘍にも殺菌作用が目立つと言われています。

フラジールの服用方法
フラジールの服用方法は病気の種類や症状によって異なっています。市販のフラジールの規格はだいたい250mgと500mgという二種類があります。トリコモナス症の場合、1回250mgで、1日に2回を服用します。効果が見られるまでに、10日間の連続服用は必要です。アメーバ赤痢に使われている時、通常、1日3回で1回500mgを10日間に服用します。また、アメーバ赤痢の症状に応じて、1回750mgを1日3回服用することもあります。

他には、嫌気性菌感染症の場合、1回500㎎として1日3~4回を服用する必要があります。服用の期間なら、症状が改善されるまで服用し続けてください。感染性腸炎に用いられている時、1回250mg、1日4回で、また1回500㎎、1日に2~3回で7~14日間に服用しなければなりません。細菌性腟症とランブル鞭毛虫感染症の服用はだいたい同じ、1回250mgを1日3回、5~7日間服用します。

フラジールの使用注意点
また、フラジールの十分な効果を得たり、使用危険性を最小限にしたりするために、フラジールを利用している時、いろいろな使用注意点を重視してください。まず、自分の病気によって用法と用量を選びます。次は、過敏体質、また他の薬品を使用している場合、使用前にぜひお医者さんと相談してください。肝機能障害がある人、脳や脊髄に病気のある人、妊娠中の人にとってフラジールの服用は禁止です。

服用中、何かの不快感が生じる時、すぐフラジールの服用を止めて、病院に行って検査を受けてください。

感染症に対応してオススメ情報:クラミジア通販|性病・感染症薬・JPDrug